歯が欠けた!場所と痛みで対処が異なります

歯が欠けてしまってご来院される方の多くは、食事の最中に欠けてしまったとおっしゃいます。

・食物程度の硬さで欠けてしまった
・他の歯は欠けていない

ということからも、何かしら問題があったのではないかと思います。

当院では、欠けてしまった「歯の位置」や「痛み具合」「欠損部の大きさ」などで対処方法が
異なるため、個別に処置を考え、最良の選択が行われるようにします。

1)欠けてしまった歯の位置による対処の違い

・前歯または見える所
・奥歯または見えない所
・歯の根元が欠けている

*欠け方によっては元に戻せないこともあります

2)痛みの有無による対処の違い

・痛みがある場合
・痛みがない場合
・痛みがあったが消えた場合
・最近痛むようになってきた場合

歯が欠けた時の対策はこちら
 

 

 

食事中に歯が欠けてしまってご来院される方は意外と多いです。また、その中には数日前に欠けていたのだけれども、痛くない、心当たりがないということで少し時間を空けてからご来院される場合が多いです。さらに、検診でお越しになった際に欠けていることが発覚することもあります。舌や粘膜に触れて傷がつく、食事の際にしみるといったことがないと気が付きにくいという場合も持ち合わせているのが欠けてしまった歯の意外なところです。

歯が欠けた

欠けた歯はどうなっているのか?

歯が欠けてしまった場合、いくつかの状態が考えられます。

・歯ぎしり、食いしばりによる欠損
・虫歯の内部進行による表層の陥没
・詰め物の脱離
・詰め物、被せ物による強度不足のための欠損

などです。これらは多因性要因でありますので、状況が複雑に絡んで生じるものではあります。あえていうのであれば、歯ぎしり・食いしばりによって詰め物などの接着があまくなって内部に虫歯ができ、脆くなった歯や詰め物が欠損してしまうといった流れが多いようです。この場合は、脱離してくる時期にもよります。早期に詰め物が脱離した場合には内部に虫歯が見られないことも多く、反対にしばらく詰め物が残ってしまっているうちに内部で虫歯が大きくなっている場合もあります。

ですので、時系列の問題を考慮しないといけないことが多く、原因を一つに絞って考えるのはあまり意味がないことです。これらの多くの要因について、治療の際には注意を払っていかなければ、また同じことを繰り返してしまうことになります。

内部の虫歯の進行により表層のエナメル質が陥没した場合、特によく見かけるのは歯間部に虫歯ができて中で広がってしまい陥没したものです。

これらは痛みがないことが多いか、もしくは食事の際にだけ痛むことが多いようです。しかし、中の虫歯は意外な大きさまでになっていることが多く、神経を取る治療に移行することもよくあります。

なぜ痛まないのか?

そもそも、虫歯が痛いということで受診されることは稀なことです。それは、虫歯が出来る際に特に象牙質の虫歯の場合はその形成過程において軟化象牙質というものを作りながら進行します。この軟化象牙質は象牙細管の一旦を封鎖してしまうので、内部の水分などの移動や変化を生じさせなくさせてしまいます。それによって、虫歯の大きさに関わらず痛みをあまり感じずに済んでしまいます。しかし、虫歯の大元のところに先行して神経には細菌は進行しているので、好中球の浸潤にみられる炎症反応は起こっています。

虫歯の除去後に歯が痛くなってしまう原因は色々とありますが、この炎症反応が不可逆的なものになってしまっているとその後に神経が死んでしまうことになります。このような意味でも定期的な歯科の検診によって虫歯を早い段階で見つける意義があると思われます。