歯の表面の着色

歯が黄色く見える原因に「エナメル質表面の着色」が考えられます。

着色するものとしては、

・コーヒー、紅茶などのステイン
・タバコのヤニ
・ワイン

これら以外にも、日常的に口に入れるものから着色してしまう場合があります。

歯の表面はよく見ると凹凸があり、時には微細な亀裂などもあります。

それらの中に着色物質が残って表面に強固に付着してしまう場合があります。