「オールセラミッククラウン」は、

 

文字通り金属を使わない、訳ではございません。

 

ですので、近年言われている「メタルフリー」を

厳密に行えるものではありません。

 

詳細につきましてはご来院頂いた際にお話しさせて

頂きますけれども、

厳密な「メタルフリー」ではないにしても、

従来の治療に比べればその少なさは大きな利点となります。

 

また、

この補綴物の機械的なメリットは

・透過性がある

・優秀な接着剤が使える

というところにあります。

 

セラミック築盛技術は歴史が古く、

ある程度技法も開発・開拓されておりまして、

熟達した歯科技工士さんが制作してくれると

本物の歯と見分けがつかないくらいに仕上がります。

 

そこに「透過性」が加わって、さらに「本物」のように

仕上げることが出来るようになりました。

 

また、接着剤もメリットにあげましたけれども、

当院のオールセラミックは内面に「ジルコニア」という

物を使用しています。

 

セラミックの裏打ちに硬いものがあることで

補綴物の強度が向上します。

 

そして、使える接着剤自体も接着力が強く、歯を裏打ち代わり

に利用出来るように当院ではデザインしています。

 

この内面に使われるジルコニアは、微細な亀裂であれば

自然に修復されるという性質がありますので、

近年では長期間でも良好に使えるだろうと期待されています。

 

デメリットとしては、セラミックもジルコニアも

経年的に強度が落ちるということです。

 

経年的に強度が落ちるとはいえ、その強度が数年かけて半分に落ちても

従来のセラミックよりも硬いので不安はそこまでありません。

 

ただ、そのようになった場合の接着剤との関係については

業界のどの方にお伺いしても明確な答えはお持ちでないようでした。

 

歯科の治療においては「魔法の杖」のように

これだけやれば良い、これで一生大丈夫

といったものは存在しません。

 

歯より素晴らしいものはないのですけれども、

生体親和性、機械的性質を考えると

大変素晴らしい材料で、私なら自分にはこれをやって

もらいたいと思う材料です。