黄色い歯の身体的な影響

歯のエナメル質は透明に近いといわれています。

そして、日本人のエナメル質は薄いということもあり、
象牙質の色を大いに反映していることが考えられます。

最近よく見かけるのが、乳歯は真っ白なお子さんでも、
新しく生えてくる永久歯は黄色いという場合があります。

この永久歯は”はえたて”ですので、
エナメル質の有機色素の影響や食物などによる着色は考えにくいです。

しかも、永久歯のエナメル質の厚さが乳歯のエナメル質よりも
極端に分厚い訳でもありません。

乳歯は胎児期にその原型が作られるのに対し、
永久歯は産まれてから原型が作られ始めます。

このことは、後天的に獲得してしまった”何か”により、
象牙質に影響を与えたのではないかとも考えられます。

ここではお話し出来ませんが、ある体質と関係があるかもしれないので、
それについて指導してゆくこともあります。

また、その指導による歯の色の改善は短期的なものは期待しにくですから、
別の処置も必要になる場合があります。